メンズ

ノーシャンプーを使用すればベタツキがなくなる

もうシャンプーは必要ない

薄毛の人

正しい洗髪法を知ろう

近年、海外のセレブたちなどの美容法として絶大な人気を集めている『ノーシャンプー』。これは文字通り、洗髪の際にシャンプーを使わないことで、頭の皮脂を余分に落としすぎないようにするというものです。そもそも、髪のベタつきやフケが出てしまうのには、頭皮を守っている皮脂を取り除きすぎてしまうことに理由があります。一般的なシャンプーは洗浄力が強すぎるので、皮脂を洗い流して綺麗にするつもりが、結果的に皮脂の過剰分泌を促進してしまうのです。薄毛や抜け毛などのお悩みも、大半は間違った洗髪法をしてしまっていることに原因がある場合が多いです。皮脂の分泌量には個人差がありますが、自分に合った正しい洗髪法を考える上でノーシャンプーは効果的な選択といえるでしょう。まずノーシャンプーを行うにあたって大切なことの一つは、洗髪前にヘアブラシで髪を梳かしておくことです。事前にブラッシングをすることで、髪についた汚れを取り除き、頭皮を刺激しておきます。それから、温度の低いぬるま湯で余分な皮脂を取り除かないように、頭皮を指の腹でもみほぐしながら丁寧に洗っていきます。頭皮は乾燥することで傷んでしまいますので、洗いすぎには注意してください。あとは清潔なタオルで髪を包み込み、優しく叩いて髪全体を乾かしていけば、ノーシャンプーによる洗髪は完了です。正しい洗髪法を行えれば、シャンプーを使わなくてもコシやハリのある髪質は維持できます。いたずらに髪を傷つけずにもすむのです。もしも、ノーシャンプーを行ったことで髪の匂いなどが残ってしまった場合には、やや洗いが足りないので洗髪にかける時間を増やすと良いでしょう。さらには『石鹸』『重曹』『クエン酸』などを使ったりする方法もありますので、ご自身の髪に合ったやり方を試してみてください。

頭皮や髪をお湯で洗浄

ノーシャンプーで頭皮を洗浄すれば、皮脂が適度に残る分、追加では分泌されにくくなります。その結果、皮脂の過剰分泌による毛穴の詰まりや抜け毛が予防されるでしょう。もちろん、シリコンが毛穴に入る心配もありません。さらに育毛剤が浸透しやすくなるので、多くの人がノーシャンプーを選択しています。

髪をお湯だけで洗う

ノーシャンプーは、シャンプーを使用せず、お湯で洗髪することです。シャンプーに含まれる化学物質の刺激で弱まった頭皮のバリア機能を正常化させ、太く健康な髪を育てる頭皮環境に導いてくれる、という効果が得られます。

肌トラブルを回避する

頭皮トラブルを避けるために行われるノーシャンプーですが、熱いお湯で洗ってしまうと肌への刺激が強く皮脂を落としすぎてしまうことになるので注意が必要です。洗う前にブラッシングを念入りに行いぬるま湯で洗うことで肌へ刺激を与えることなく、余計な皮脂を落とせます。